本文へスキップ

根室金刀比羅神社例大祭

草莽に分ける(宵宮)


 2672 まちなかサロン恋問
まちなかサロン恋問1
宵宮の準備に忙しい根室の街を歩いてみた

市内の商店街は閑散となりつつある
落とすれる度に
シャッターが目立つ

空き店舗を利用して
街の情報発信基地として有効利用されているのがここ
まちなかサロン恋問(こいとい)だ

語源はアイヌ語から来ているはず


 2672 若者で賑わうサロン
まちなかサロン恋問2
店内では往年の祭り風景が放映されていた

清潔なトイレもあり,自動販売機も完備

パソコン教室などのスペースもあって
年齢を問わず明るく利用できそうだ

壁にも告知案内が貼りだされて
市民の交流の場にもなっている
  2672 前日の緑町商店街
前日の緑町

2672 当日の準備(緑町2丁目)
露店の準備

2672 宵宮(緑町1丁目方面)
宵宮の緑町
さて
緑町界隈を歩いた

露店の準備が行われてる

この年の出店は220店
最盛期の活気はないが
早くも地元の学生がチラホラ出歩いている

少しでも商売につながれば良いと祈りながら
作業風景を撮影

歩いてみて感じたことだが
どの店も価格が安くなったような気がした
 2672 観光協会のPR看板

 根室観光案内
 〜 宵宮 〜
 2672 宵宮にて手古舞の競演

西部祭典区


第一祭典区


東部祭典区


第三祭典区


四祭典区合同
 9日は手古舞と山車の競演

野外の演舞なので天候に左右されやすく

最近は中止になることもしばしば


かつて「根室のお祭りは晴れる」

と言われたものだが

市民の努力を促しているのか

最近の天気の神様は微笑んでくれない
 2672 宵宮にて山車の競演 拡大

東から東部祭典区第一祭典区の山車

西から西部祭典区西部祭典区の山車

 

北から第一祭典区第一祭典区の山車

南から第三祭典区第三祭典区の山車

 
お待ちかねの
山車と手古舞の競演だ

迫力の山車が集結して演舞を競い合うのだ


各祭典区が工夫をこらして制作した山車は
お祭りの主役といっても良いだろう


しかしこれも近年ではずいぶん小さくなった
電線に引っかかるので危ないという論理らしい

電線に引っかかる?

高い山車が登場する祭りは
日本各地にたくさんあるのに・・・

いずれ電線などという時代遅れのものは根室からも姿を消すだろう

その時はまた昔のように
10トンダンプで製作した勇ましい山車を見てみたい


技術はあるのにそれができない

技術もないのに稼働しているものも,あるというのに・・・
 

2672 中央に集結する山車山車の競演

各祭典区の山車が中央に集結して乱舞
音と迫力で気分は最高潮になる

悪天候であっても根室市民は関係ないらしい
アドレナリンのおかげで雨風を感じさせない

画像の左は第三祭典区で右が東部祭典区
向こう側が第一祭典区で西部祭典区は死角で見えていない m(_ _)m
 2672 山車ギャラリー

四祭典区が集まる焦点
演舞の焦点

第一祭典区制作
第一祭典区制作

第一祭典区山車 (^o^)v
第一祭典区山車

第一祭典区 動く山車
第一祭典区山車

第一祭典区山車
第一祭典区山車

第三祭典区の山車が寄る
第三祭典区が寄る

第三祭典区がさらに寄る
第三祭典区が寄る

西部祭典区山車制作 顔が変形・・・雨が憎い
西部祭典区制作

西部祭典区山車(愛嬌のあるこの青年は元気だろうか)
西部祭典区山車

西部祭典区山車(YouTubeでアップ中 - 笑)
西部祭典区山車(YouTube-笑)

東部祭典区山車制作
東部祭典区制作

東部祭典区山車制作
東部祭典区制作

東部祭典区山車制作
東部祭典区山車


2672 余興※音注意
2672年版

山車の競演を一気にギャラリーでご紹介します

第三祭典区の山車制作は
降雨のためにビニールがかぶせており画像がありませんでした

ゴメンナサイ



山車に囲まれた中央では
太鼓の強音が響いて立っているのが辛いほどでした
 2673ギャラリー

四祭典区の競演 拡大
山車の競演

第一祭典区 拡大

山車
第一祭典区お囃子 拡大
お囃子
第三祭典区 山車 拡大
第三祭典区の山車
第三祭典区 山車 拡大
第三祭典区の山車
東部祭典区 山車 拡大
山車の余興
西部祭典区 山車 拡大
余興撮影
西部祭典区 山車 拡大
西部祭典区の山車

2673年版

山車の競演をご紹介します


最近はお祭りの写真がインターネットに多く出回っています

どれも大差がないので,あえて多くは載せません


このサイトも,そろそろ整理が必要かもしれない
2673 山車の競演


 2673 山車の余興
 
 2675 山車の余興
 

最近はスマートフォンなどのデジタルツールが普及され

各人が思い思いに撮影します

SNSにアップせずとも

個人で楽しんでいる方が多いと思います

このように 映像を公開する価値が乏しくなる昨今です

 2676 非常にも宵宮のイベントは中止
競演の中止

2676 ヒトはもちろん猫一匹いない御旅所前
人がいない嵐の御旅所
最近のお祭りは雨や嵐に見舞われる事が多いように感じる

「神様が怒っているんだべ」と誰かが言った


台風の影響で強い風雨

露店の出店も中止になってしまった

イベントのみならず
露店も中止になったのは初めてだ


この悪天のなか

それでも取材に出かけた

犬も歩けば棒に当たると信じて…
 2676 !
山車が来たぞ

双方が激突
棒に当たった!


突如,第三祭典区の山車が動き始めたのだ

そして南方からは

第一祭典区の山車が近づいてくるではないか


やがて双方の山車はいつもの中心でガチンコ!

山車の競演が始まったのだ
 2676 東方より東部祭典区の山車が迫る
東方より東部祭典区

東部祭典区
するとどうだろう

東より東部祭典区の山車が来たのだ


これぞ独占

観客数ゼロのスクープ現場だ
2676 幻!山車の競演幻!山車の競演
 三つ巴でお囃子が大きく鳴り響く
 2676 第三祭典区 ルパン三世
第三祭典区山車
ワルサーP38も

雨には敵わぬ
 2676 駆けつける市民
駆けつける市民
音を聞きつけたのか

あわてて駆けつける市民が相次いだ

それでも総勢20名にも満たぬ

運営スタッフの方が多い競演となり

これはこれで異様な情景だ
2676 嵐の中で山車の競演
土砂降りのなかで撮影した

こんなことまでして何になるのだろうと

ふと冷静になることがあるが

もう帰るところもなく

行くところまで行くしかないのだ
 2669 草莽に分ける
宵宮1

酔いしれる若者

練り歩く金棒
若者が踊りに酔う

お祭りは地域にいる若者にとって発散の場だ
発散できるから普段の暮らしは地味になれる

日本は小さな集合体が集まって国家をなしていた
このようなムラ文化は
治安を維持し守る知恵だった
生産,食料,人口,経済を維持する知恵なのだ


天が喜び

小雨をそそぐ

しぶきを上げて

この地が応える
 2673 草莽に分ける
雨まじりの金棒
この年はあいにくの小雨模様だったが
踊るものにはまるで関係ないようだ

燃えて燃えて
燃え尽きるまで踊る

天の汗を全身で浴びる
 2669 草莽を深く分ける
金棒で盛り上がる

2669 警察官にも慰労
宵宮2
山車の御囃子が止まった

警察官が笑顔で声を掛けた
責任者がそれに安堵の表情で応えた

今夜は事故はなかった
良かった なによりだ

祭は危険と快楽が隣り合わせ
しかし事故はあってはならない

見えないところで活躍している陰の力に
改めて敬礼