本文へスキップ

根室金刀比羅神社例大祭

草莽を去る(自然と歴史)


2669 常盤台公園
根室女工節1
帰省スケジュールの最後に当てていた常盤台公園

女工節の記念碑がある

根室の水産加工業の現場では
今でも“女工”という言葉が残っている

全国から奉公にやってくる彼女たちは
期間契約で住み込みの労働者だった

漁の状況によっては徹夜仕事もあった
蟹はいったん水揚されると,待ったなしで処理しなければならない


労働環境は当時よりも大きく改善されているが
社会的地位を低く見る目が多い

女工さんの世界は独特な雰囲気があって
社会の常識とは隔たりがある


ここは記念碑から歌声が流れるしくみになっており
歌声を聴きながら,つらい昭和の時代を思い浮かべた

彼女たちの苦痛は
如何ばかりのものだっただろう
2669 常盤台公園 拡大
根室女工節2
仕事中は私語が許されない

しかし歌を歌うのは眠気防止になるから
工場の監督者は何も言わなかった

女工さんたちは故郷に残した子どもや家族のこと
工場の仕事の辛さを歌に含めて歌うようになった

自分が歌えば次はあなた
その次はあなたと伝え歌う
 2669 常盤台公園
根室女工節3
ボタンを押すと女工節が流れるようになっている

いつか動画でアップしたい

※念願の動画を収めることに成功しました

下記をご覧ください
2675 根室女工節
根室女工節


女工女工とみさげるな

女工のつめたる缶詰は

横浜検査で合格し

アラ女工さんの手柄は外国までも


工場の窓から沖見れば

白波分けて旗たてて

又も積んできた蟹の山

アラ可愛い女工さんまた夜業


故郷離れて来ておれば

文の来るのを待つばかり

千島がよいの便り船

アラ今日も来るやら来ないやら
 2674 常盤台公園
常盤台公園の噴水
 噴水
 2674 常盤台公園
行幸記念碑
40年くらいまえ

そう幼少の頃だけど

この碑のそばでとうもろこしを食べた記憶がある

カニ祭りなどのイベントは

この常磐台公園で行われていたのだ 
2674 常盤台公園 拡大
常盤台公園パノラマ
 
公園内は国道沿いにあるのにそこは根室,静かなものだ
トイレやベンチもあって過ごしやすい

以前はなかったが駐車場も完備しており
旅行者がよく休んでいることが多い

イベント会場というイメージは完全に払拭された
街ナカにある緑のオアシスだ
 2674 常盤台公園
ラックスマン
ラックスマンの来航をイメージしたモニュメントらしい

汽船の煙突だろうか

“歴史の然”とタイトルが付けられている

そうだ根室は歴史的な街でもある

ラックスマンの他にはリンドバーグの所縁の地でもあるのだ
 2674 常盤台公園
噴水
 噴水もあり涼しげな空間だ

根室駅や官公庁にも近く
また“シタマチ”と言われる中心街にも近いので
出張や旅行の際は立ち寄ると良いだろう
 2674 根室市役所
根室市役所

根室市役所

根室市役所

玄関


根室市お役所は常盤台公園に隣接する

昔は常盤台公園のあるところに役所の庁舎があった


入り口の案内表記は英語とロシア語

そういえば市内の至る所にロシア語をめにするのが特徴的だ

今で充分だ。これ以上の外国語表記は勘弁して欲しい


さてここは市政を司る重要な官公庁であり

根室市のシンボルの一つである

内容も重要でありかシンボルでなければならないのだが

さて実態はいかがだろう?
 2674 根室市役所
根室市役所

錨

ここに幸あり

姉妹都市記念の碑

根室市役所
駐車場にはいろいろと置物があるが

私が子供の頃よりもなにかと増えている

2番目のイカリは実際に使われていたもののようだ

国内の姉妹都市は富山県黒部市


向かって右隣りには根室振興局(旧根室支庁)があり

このあたりは根室市の行政の中心地域だ

もともと海岸付近から発展したので

かつては行政庁舎はもっと海寄りにあったそうだ

根室の歴史には詳しくないのでこのへんで勘弁して欲しい
 2674 根室市役所全景 拡大
根室市役所パノラマ
あいにくの曇り空できれいに撮影ができていないのが残念

それでも根室は湿度がなく

気温が高くなってもまるで夏ではないように過ごしやすい
戦争の爪あと 

2669 牧の内ダム
牧の内ダム 
ここもよく遊びに来た

牧の内ダム

このへんの河川はオホーツク海に注いでいる

ここも子供たちの姿がなく
雑草が立っていた

アブが多く
荒れた谷地になっていた 
2669 牧の内ダム上流
牧の内
牧の内飛行場に向かったのだが
うかつにも場所を失念してしまった

そういえば牧の内小学校はよくお化けが出ると噂があった

隣にはキャンプ場があり
小学校跡や防空壕(実際は格納庫?)でよく遊んだものだ

この日は風も無く穏やか
自然無為とはこのような情景をいう

空気の流る音が聞こえる
こんな経験,都心では絶対に無理だ

まるで時間が止まっているよう
2670 大日本帝国海軍根室第二飛行場
大日本帝国海軍根室第二飛行場1
昨年の失敗を返上すべく
下調べをして牧の内飛行場へ向かった

それでも子供の頃の記憶が薄れているのに加えて
周囲の環境が変わっていたこともあり
道に迷いながらの到達となった

廃棄物の不法放棄ばかり目立つ

2670
大日本帝国海軍根室第二飛行場2
ひび割れからは雑草が茂って
長い年月を感じさせる

 2674
朽ちる飛行場
この年はお盆(旧盆の7月)に撮影
目に見える劣化はないが

人の記憶が薄れてゆくのではないだろうか

今年はニコニコ生放送をここから配信した
興味のある方はコミュニティ参加の上で閲覧して下さい
2670
大日本帝国海軍根室第二飛行場3
広場と広場の間にある草木は
進駐軍が飛行場として使えないようにしたもの

(※航空写真参照)

2670 拡大大日本帝国海軍根室第二飛行場パノラマ1
2670 拡大大日本帝国海軍根室第二飛行場パノラマ2
2674 拡大飛行場パノラマ
8月といえば日本が終戦した月

いつもお祭りのことばかり考えてるが
日本人の多くは終戦の弔いムードとなっていることを
忘れてはならない

まして根室は大規模な空襲があった土地

シャッターを切りながら
胸の中で手を合わせた
 グーグルマップ
航空写真で見ると,位置や様子がよくわかる

こんな霧の多い地域で飛行機の離発着は可能なのだろうか
 2673 国後島海底ケーブル陸揚庫
国後島海底ケーブル陸揚庫
国後島海底ケーブル陸揚げ庫

旧逓信省により明治33年頃に建設

全長38.2kmにも及ぶ海底ケーブルが国後島の泊村ケムライ岬まで延びていた

ここは根室側の起点である
 2673 国後島海底ケーブル陸揚庫
陸揚庫正面
新聞の記事によると
旧ソ連軍侵攻の際にも現地の状況が随時送られてきたという

終戦の年の9月8日に通信が途絶え
後にソ連側にケーブルを切断されたそうだ
 2673 国後島海底ケーブル陸揚庫
陸揚庫内部
このように老朽化が著しい

最近になって「海底ケーブル保存の会」という団体ができたそうだ

領土問題の啓発に活かす環境整備を希望したい
 2673 国後島海底ケーブル陸揚庫
海岸の陸揚庫
ホタテ漁の際に道具にひっかかり
危険ということで一部のケーブルが引き上げられた

ケーブルは花咲港小学校に隣接する
根室市歴史と自然の資料館に展示されている
※後段に画像あり

じつは資料館の職員に場所を聞いたのだが
よく分かっていなかった・・・
地味なところにあり,周りには目印はない

近く,市の予算で整備することになったそうなので
歴史的な建造物の保存という観点からも
どうか地域でも話題にして欲しい

※いまはずいぶん整備されており
観光で訪れても損はないと思います
 2673 国後島海底ケーブル陸揚庫
海岸の陸揚庫
この辺りは“ハッタリ海岸”と言われている

天候が悪い時は潮をかぶる条件にもかかわらず

100年以上も経ったいまなお現存する

明治時代に造られた建物の頑丈さに脱帽する

※ひどいノイズだ。カメラを新調したのでしばらく我慢
平成二十五年の国会特別委員会でこの施設に関する質問があったのでご紹介します

 ○紙智子君
是非、引き続き提起もしたいと思いますし、考えていただきたいと思います。
 それから、最後になりますけど、これ、根室市のハッタラ浜にあります千島の電信回線・海底ケーブルの陸揚げ庫なんです。非常に歴史的建造物でもあって、かつて根室と国後それから択捉を結ぶ海底ケーブルということで、やっぱりはっきりこれつながっていたんだということの証明でもあるわけですね。それで、非常に大事でありまして、根室市が今年度の、土地を取得して整備していきたいということで、先日私も現地を見てきたんですけれども、啓発の事業にとっても大きな資産となるので、是非その保存に向けて後押しをしてほしいということなんです。
 それで、ちょっと事前に大臣の方にもちゃんと目を通してもらうようにというふうにお願いしていたんですけれども、お読みになっていると思うんですけれども、是非一言お願いしたいと思います。

○国務大臣(山本一太君)
ちょっと、これは事前に読ませていただきました。終戦時まで電報などの伝達手段として、今委員がおっしゃったように、根室と国後とを海底ケーブルで結んでいたということで、根室側の施設、この写真にある旧海底電信線陸揚げ施設、これ海底ケーブル陸揚げ庫というんでしょうか、これについては、根室市が重要施設として保存する方針を決めたということは一部の報道で私も承知しております。
 本件については、根室市から具体的な御相談等があったときには内閣府として何ができるか……

○紙智子君
誰か行っているということですか。

○国務大臣(山本一太君)
いや、正式に多分来ていないんだと思います。
 ですから、根室市の方から正式な御相談があったときには内閣府として何ができるかは検討させていただきたいと思っています。

○紙智子君
ありがとうございました。終わります。

リンクURL:http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/sangiin/183/0020/18305100020004a.html
 2670 根室市歴史と自然の資料館 拡大
根室市歴史と自然の資料館
海底ケーブル
これが海底ケーブル

まだ使えそうなところに驚いた

明治政府の遺産であり,我が国の財産だ

そして決して忘れてはいけない歴史がここにある
 2671
根室護国神社1

根室護国神社2
祭り見物のあいまに根室護国神社に詣でた

戦没者慰霊の碑

お祭りの喧騒とかけはられてく
辺りはひっそりとしていた

私たちが健やかに暮らせるのも
先人たちの苦労と犠牲

そしてなによりも
希望があったおかげであることを
忘れてはいけない
忘れられた足あと 
 2674 市営墓地 小市の墓
エカテリーナ号小市の墓

2675
小市の墓

2675 拡大
根室市教育委員会


2675 正面
小市の墓正面

2675 小市の墓
小市の墓

2675
小市慰霊碑建立有志の会

2675 タイムカプセル
2093年に生きる根室市民へのメッセージ

2675 ひっそりと咲くネジバナ
ネジバナ

2674 梶原平馬の墓
梶原平馬の墓
市営の墓地へ行ってきました
案内板が読みにくいと思いますが

ひとつは小市の墓
小市とは
井上靖原作の小説“おロシア国酔夢譚”に登場する

実在する人物です
大黒屋光太夫が船長を務める船が遭難し
当時の帝政ロシアに漂着し,日本へ帰還を果たす物語です
1992年には映画化されています

一行はラックスマンと共に日本へ戻ってくるのですが
その中の一人,小市は故郷に帰る目前で
惜しくもこの根室の地で亡くなっているのです

さてもうひとつは梶原平馬の墓

梶原平馬は会津若松藩の筆頭家老でした
縁があって根室へ辿り着き亡くなったそうです

根室市教育委員会の案内板ですが
ずいぶん読みにくくなっていました
 2670 温根沼大橋
温根沼大橋

2675
温根沼橋

2675
温根沼橋にカラス

2675 拡大
温根沼パノラマ
さて根室を去る日がやってきた

国道44号線を釧路方面へ走り出す


温根沼大橋

昔は2つの赤い橋だった

ひとつが温根沼大橋で
もうひとつが温根沼橋

入江になっているので
潮の満ち干きの際,海水の動きがとても早くなる

実は根室半島は

海が内陸まで入り組んでおり

この辺りで島のように切り離されそうになっているのだ
2675 根室十景 - 春国岱
根室十景 - 春国岱

2675
春国岱

2675 拡大
春国岱原生野鳥公園

2675 拡大
春国岱パノラマ
春国岱パノラマ
ラムサール条約の登録地“春国岱”

シュンクニタイと読む

昔と違って整備されているが

看板も雑草に隠れており 案内板も小透けている



2675追記

小透けているどころか

欠損しているではないか
 2670
春国岱3
これ以上は進めない

熊出没注意の看板が立ってた
さすが根室


しかし熊にしてみれば
人間出没注意だ
 2667 スワン44(旧白鳥台)
スワン44
道の駅スワン44

以前は白鳥台センターという名前で休憩所になっていた
 2667 スワン44 拡大
白鳥台センター周辺ガイドマップ
 この案内は白鳥台センターのままになっている
 2667 スワン44
スワン44
景色の良いところで
レストランもあり
おみやげ屋さんもあり

自然公園に関する情報も得られる
 2667 スワン44
風蓮湖
このあたりは
白鳥が一時的に休むところになっており

力をつけたらまた飛び立っていくのだ

小さい頃に投げ入れたパンの耳を食べる白鳥の姿をみて喜んでいた記憶がある
根室十景 風蓮湖 
 2667 根室十景 - 風蓮湖 拡大
根室十景 - 風蓮湖

向こう岸に見えるのが春国岱

このへん一帯が野付風連道立自然公園になっている
 2667 風蓮湖
風蓮湖

風蓮湖

風蓮湖
近くには野鳥を観察できる施設などもある
 2667 風蓮湖 拡大
風蓮湖の代表的な動植物
遊歩道に案内板があった

屋根付きなのがうれしい
 2675 丹頂国道44号線にて丹頂
拡大丹頂


3羽の鶴が見送ってくれた

お別れの日にふさわしい

思い出の一コマ
 2677 JR根室駅 拡大
根室駅

根室駅ホーム
JRも良い

日本最東端の有人駅
そして
日本最東端の駅

どちらも堪能してもらおう

〜 追 憶 〜 
2675 カラスが人の無関心を啄む
 無関心をついばむカラス
祭りが終わった翌朝。カラスが人の無関心を啄む


なんのためらいもなく捨てられていくゴミだが

管理するひとがいるから

そこにゴミを捨てることができる