本文へスキップ

こんなものいらない。プラチナカード

ない。以上Platinum lol

スタッフがかわいそう

なんでもやるという精神だから困るのです・・・お互いに。
できないことや困難なことはハッキリ断ってくれたほうが,こちらもそちらもは助かるはずです。
ところが実際は,恐ろしいほど処理抜けが多く,寒いほど伝達ミスが多くなるのです。
特に社内における他部署との連携が最悪です。

これではやる気があっても,ミスを誘発するような環境で働かされているオペレーターがかわいそうです。
長くカード会員をやっていると,お馴染みのオペレーターがいないくなっていることに気づきます。
つまり離職率が高いのです。

聞けば辞めた。退職ばかり。
そりゃそうでしょう。ホスピタリティの精神に燃えて入社し,お客様を喜ばせたいと意気も旺盛だったものが,実は秒単位の時間管理に急かされ,多大な雑務に埋もれ,そんなはずじゃないと言い訳する暇もなく窮地に追いやられ,やがて退職するのです。
求人サイトを眺めればそら見たことか。ここの会社の募集はいつも常連だ。

お客様からは年会費という資産を搾取。(しかも前金で)
オペレーターからは効率という名目で労働力を搾取する。
頼りになるは,これから入る新人ちゃんですが,その新人も中堅になるまで持ちません。

責任を,逃れることが優先か?イメージの保護が優先か?

ご立派なセリフを並べて,何でもやります。と言えばそりゃかっこいいです。
イメージが先行してアプローチは大成功です。

しかし,大口を叩いたのに,もしそれでできなかったら,大きく信用が失墜します。
だから保険をかけた言い方をするようになります。

「手元の資料では」とか「本来はおすすめしないのですが」とか,「現段階で当社が知るところによると」とか。
つまりミスインフォメーションを警戒して及び腰の事務的な処理ばかりに徹すると,この会社が目指すところの富裕イメージが台無しになってしまうから,できれば使いたくない手法であることは事情はよく分かります。
コンシェルジュデスクというイメージを維持するために,よく使われる商的手法を継続したい気持ちはよくわかります。

しかしそんな金儲け都合でこちらに被害が被ってはたまりません。
たとえ商売であっても,第一義には正義が優先するべきであって,ならぬことはならぬのであるのです。

「素晴らしい世界が貴方様をお待ちしております」
「これからの希望ある可能性が,貴方様のすぐ近くまで来ております」
「価値あるチャンスと,晴れやかな体験を限られた貴方様へ。」

こんな中身の無いセリフで騙されるのは,頭の中が筋肉でできている能天気なプラス思考人間だけです。
堅実的な考え方を好む日本人はそうはならないでしょう。

まったくもって,勘違いしないで頂きたい。

秒単位で監視されている

お客様からの入電を,どのくらいの時間で処理したかを監視部署で査定されています。(たぶん)
ですから,通話が始まったとたんに,なにか急かされているような感じがするのです。
応対が早口になりがちで,雰囲気が急ぎ足になるのです。
他になにかないか,なければ終わりたい。こんな見え見えの態度が垣間見えます。

早く通話を終えたい。終えて次に待っている客に移りたい。そんな場面で話をしなければなりません。
どこが選ばれたメンバーなのか,どこが特権なのかわかりませんね。
もちろん担当者の気が急いていれば,間違いも多くなりますよね。
プラチナカードで有名なあのカード会社がなぜ評判が悪いのか,これで理由がわかる気がします。

いちいちあなたの電話を受けてる隙はない

管理者からの監視が厳しいのでしょう。
たぶん今受けた内容の処理を終わぬうちに,次の入電を受けてしまうのです。
それを繰り返してしまうと,何件か前に受けた内容なんて記憶から飛んでしまいます。
いくらメモを取っていたとしても,細かいニュアンスやお客様の意向が記憶から飛んでしまいます。

これで言った通りのことをやってくれない,ダメなオペレーターの出来上がりです。
ダメな理由がこれでだんだん見えてきましたね。

もしかしたら「間違いを怖がるな」とか教育しているのでしょうか。
小さいことは気にせず,もっとお客様の「大きな不安」や「大きな心配」に目を向けなさい。とか,神様にでもなったおつもりかもしれません。
その偉大な神業に目が向いてしまって,肝心なお客様からの小さな声を聞き逃しているようです。そんなサービス業に将来はありません。

スマホを持っていれば完全無用なコンシェルジュ

私が最初にプラチナ会員だった頃は,まだスマホが出回っていない時代でした。
しかし時代は進み,だれでも譲歩を手軽に得られる時代になりました。現代のスマホ生活に置き換えて考えてみれば,
コンシェルジュデスクなんて不要であることが分かるでしょう?
ホテルやレストランの探索と予約。目的地までの道順。取扱商品や営業時間を調べるのだって,ネットで検索できる時代ですもんね。

逆に言えば,自分ではまったく計画を立てられない方なら,デスクに依存するしか無いかもしれない。
あとはスマホが使えない特異な人とか,脳機能の問題でコミュニケーションを取れない方とか・・・。

もしくはスマホではとても得られない,壮絶に感動するものを切望している方はどうでしょう。
「なにか素敵すぎるパーティ(もしくは旅行とか)をデスクから提案して欲しい。」という,完全な受け身でサービスを受けることに興奮する方なら(笑)
そりゃスマホやパソコンで用意できない素晴らしい夢のようなサービスなんでしょうから,デスクが重宝するかもしれません。
あとで料金をいくら取られるかわかりませんが(笑)
しかも手違いの多いサービスに多額なお金と基調な時間を失うし(笑)

言葉が通じない国で重宝する!?しかも・・・

強盗とか詐欺とか…追い剥ぎに身ぐるみ剥がされて孤立無援に陥った場合は,現地の警察が来るまでのつなぎにはなるかもしれませんね。
でもさっさと大使館に救援を求めたほうが何倍も安心です。

まぁそれは言い過ぎとしても,急病で病院の診療を受ける場面で,医師に病状を通訳してくれて重宝したという話もあります。
でもこんな高い費用をかけるなら,はじめから現地ガイド雇って同行したほうが安いです。
通訳サービスなら専門で提供してくれるところもありますよね。

日常的な困りごとなら各社ゴールドカードの方が費用も安いし,現地に相談窓口があります。
それでも間に合わないレベルの天変地異,危急存亡の出来事があったときは,そりゃプラチナ会員の資格が発揮される?…かもしれません。(と言ってみましたが・・・そんな事変のときに役に立つのかなぁ)

あえて言うなら良いプラチナカードもある

プラチナカードの悪口ばかり言っていますが,誤解のないように申し上げると素晴らしい対応をしてくれるカード会社もあるのです。

たとえばJCBカードのプラチナデスクは本当に素晴らしい。
ミスはないし迅速だし,分からないことでも知ったかぶりなんてしません。
会社内の連携もスムーズで,電話をして嫌な思いをすることがありません。
そして年会費は,プラチナカード界隈のなかでは最低ランクという優良カードです。

あえて言うなら“こんなものいらない。プラチナカード”ではなく,
正確には“こんなに素晴らしいよ。ここのプラチナカード”ということになります。
もっと言えば“あの会社だけはやめなさい。プラチナカード”,ということになりますね。