本文へスキップ

こんなものいらない。プラチナカード

リソースなんて知るかPlatinum Credit Card Desk

失った時間と労力どうしてくれる

会員がその情報を信用してどんな災難に遭っても,デスクにはまったく責任はないそうですから。
デスクの情報は間違っているかもしれない,という心構えを持たなかった自分が悪い,ということになります。

でもね,何から何までリスクを計算しながら行動できませんよ。コンシェルジュサービスは専門スタッフですから。そりゃ信じしまうのが人というものです。

そりゃ人間ですから誰だって間違いますよ。しかしその回数がべらぼうに多すぎるというわけです。
こんなんで良好な関係を続けられますか?

信用が要のクレジットカード会社が提供するコンシェルジュデスクがこれほどひどい。
じゃなにか被害に遭わないような防止策はないものか?

このページはそんな観点で進めます。

同じ注文を複数のオペレーターに頼めば良い

いくら連携の悪いコンシェルジュ課のネーチャンたちでも,同僚や上司から見られると少しは緊張するでしょう。
面倒ですが自身の被害拡散を防止するため,同じ注文を別な人にもお願いするのです。
すると受注した時点でその都度チェックされますから,頼んだ仕事を間違える確率が少しだけ減るのです。

もちろんこれでも完璧にはなりません。
結局は最初に担当したものが最後まで完遂するので,その人が間違ってしまえばすべてが台無しです。
いくら上司が監視したところで,最後にサービスを提供するのは担当者だけですから。

そもそも信用があれば良いだけの話です。一発で注文に応えてくれればこんなことをしなくても良いのです。
互いに無駄な時間と労力を消費してまでやることではないのですが,旅先で全然話が違って困窮するのは我々なんですよ。間違わないようにさせるには,こんなことをするしか他に見当たらないのです。

逆に・・・電話するたびに処理する時間ばかりかかりますよね。その分忙しくなってまた失敗につながるのでは。という考え方もあります。

その通り!要はなにやってもダメなのはダメなんです。
こう言ってしまうと身も蓋もありませんが,それほどひどいもんなんです。

同じ注文を他社にも頼めば良い

他社にも頼んでおくというやり方です。いわゆるセカントピニオンですね。
 あまりこういうやり方は,オペレーターに負担がかかるので好きじゃないのですが・・・。

クレジットカードの日を調べてもらう件でも,他社との比較が明らかになりました。
さて今回はトラベルデスクに注文を入れた時の話。

手配を“間違える”のが間違いなさそうだったので(笑),予めD社とV社にも同じ注文をお願いをしました。
内容はこうです。

ある県の空港から市内へ向かう空港連絡バスのチケットを取り寄せてほしい。
というものです。
別な県でJTBさんのバスチケットを取り寄せてもらったことがあったので,同じことを違う県でもお願いしようと思ったのです。

D社は電話をいったん切ったあと,すぐに「できません」と連絡がありました。
V社も電話をいったん切ってから,まもなく「できません」という連絡がありました。
 そもそもそういうチケット手配ができないバス会社だったそうです。
ちなみにD社もV社もプロパーカード会員です。年会費なんて安い安い。

さて・・・我らプラチナデスク。間違いだらけのダメっクソプラチナデスクはどうでしょう。
なんと,こちらはほぼ即答で「かしこまりました!」と即答するではありませんか。
これは期待できます。他社が出来ないことをやれるなんて,やっぱり世界のプラチナは違うなーと感心しました。
しかもはっきりと元気に「手配します!」と言うじゃありませんか。
やればできるじゃないか!たまにはできるんだなー!と喜んでいました。

ところが・・・15分後に電話が鳴りました。嫌な予感がして出てみると,相手は先程の担当者です。
すると,さっきとはまるで別人のように「手配できませんでした」と言います。
まるでお葬式のような雰囲気です。珍しく静かに苦言を申し上げて,電話を切りました。
歓楽だけさせといて,奈落の底に落とすやり方はこのデスクの十八番です。

でもね,なぜか腹が立ちませんでした。
逆に「やっぱりな!」という予想が的中したことで安堵感が芽生えたのです。
だって手違い間違いばかり繰り返すプラチナデスクは,間違うのが通常営業ですから(笑)

次項目に続く

前項目に関連しますが・・・

トラベルデスクには,以前にも不快な思いをしたことがあります。
ある施設の入場券をお願いしたところ,随分待たされたあとで「できません」という返答がありました。
待たされるのは混雑具合にも寄りますから仕方ありませんし,「できない」という返答もでいないのなら仕方ありません。
前回のように「できます」などと無責任な事を言われるより10倍ましです。
ところがオペーレーターは最後にこういうのです。

「ボックスでお買い下さい」

みなさん“ボックス”って分かりますか?
私の年代ではボックスといえば電話ボックスくらいしか思い当たりません。

それとも券売機のことでしょうか?
いいえ違います。これは「窓口で買って下さい」という意味だったようです。

こうやって専門用語や英語を早口で並べることが多いのも,ここのデスクの特徴です。
ボックスで買ってくれで理解できる客がいますか?(笑)

ちなみに“チケット”“ボックス”という語句の組み合わせで,いくつももGoogle検索してみました。
どんな言い回しをしても適切なサイトにヒットなんてしません。(試してみて下さい)
英語とかなんとかではなくで,たぶん業界用語なんでしょうね。

「ボックスで買う。」
生涯忘れない言葉になりました。