本文へスキップ

北海道最東端の街、根室。選りすぐった10の景色をパノラマ画像だけで紹介します。

春国岱 しゅんくにたい

春国岱

2019年
鳥に群がる人間

アイヌ語の「スンクニタイ」から来ていると言いますが,きっとトウホグの出身に違いありません。

さて2005年にラムサール条約に登録された重要湿地というだけあって,野鳥の数はハンパないです。
しかしここを訪れると違和感を覚えるのです。なぜかといえば野鳥を殺青しようと群がる人間のほうが多いのです。賞金を狙っているのかよくわかりませんが,世界各国の言葉が聞こえてくるほど人間の数が多い。
日本野鳥の会にお願いして人の数を数えたいくらいです。

2010年
春国岱2010
2015年
春国岱2015
春国岱2015
おまけに近年はエゾシカの爆発的な増加も相まって,かつては「車の中にたまに鹿がいる」という感じでしたが,今じゃ「鹿の中に車が通る」という感じになっています。
これはほとんどサファリパーク状態です。

このあたりは飛び出し注意という看板をよく目にします。
たしかに昔は鹿の飛び出しが多く,事故も絶えませんでした。「危ないのは人より鹿」というのが地元運転手の合言葉でした。
ところが最近の鹿は飛び出しません。ちゃんと左右を確認して横断するようになり,哺乳類は甚だしい進化の模様を確認できます。
もちろん急ぐ鹿もいますので,馬鹿みたいに飛び出すのも相変わらずいます。
くれぐれも運転は自己責任でお願いします。
2018年
春国岱2018
春国岱2018
春国岱2018
春国岱2018
春国岱2018
原生林あり
砂浜あり
湿地あり
絶景の観光スポットです。

2019年夏
春国岱2019夏1
春国岱2019夏2
近くにネイチャーセンターがあるので,
ラムサール条約に興味のある方はぜひ立ち寄るとよいでしょう。

ちなみラ・サール学園さんとは無関係のようです。

coming soon

鳥人間コンテストの会場としてぜひ推挙します。
国後島までひとっ飛びですので,やる気と根性,そして国籍のある方は誰でも参加できると思います。