本文へスキップ

おいしいお茶の入れ方 - お茶のワルツは三拍子

おいしいお茶の入れ方 2

DEUX 二杯目“ドゥ”

さてここからが本番です

一杯目で開き始めた茶葉は,時間の経過により更に開いてしまいます
完全に開く前に,早めに二杯目へ進みましょう

二杯目はその茶葉の特徴がもっとも良く出ます
お茶を味わうなら二杯目というわけです

 一杯目は うまみよし
 二杯目は 色よし
 三杯目は 渋みよし


通は二杯目を好むとも言います

目安の湯温は70℃くらいでしょうか
湯冷ましに触れると「ジン!」と熱さが伝わり,長くは触っていられません

一杯目に使った湯冷ましがまだ温かいはずですから
ここでポットのお湯を湯冷ましに入れてもすぐには冷めません
 
一杯目のときより冷ます時間を要することになりますが
あらかじめ湯冷まし(もしくは湯冷まし用の湯のみ)を2つ用意しておけば
待つ必要がなくなりますね

このように
二杯目を入れた茶葉はかなり開いています

二杯目1 二杯目2

高級な茶葉の場合は,もっとぬる〜い温度で,ゆ〜っくりと入れて
二杯目で完全に開かせてしまいます
つまりここでおしまい

なんとも贅沢な二杯になりますね
その分だけ“良さ”を凝縮させた貴重な二杯というわけです

お茶は茶葉の開き方がとても大事です
“ゆっくり”で“確実に”開くことで茶葉の持つ風味をすべて出し切って味わい深いお茶になるのです

もし手揉みの茶葉だったら,開き方が早いのでさらに注意が必要です
このときは二杯で飲み切るようにしましょう
手揉みは価格も高いですが,味も香りも豊かな高級茶葉です


TROIS 三杯目“トロア”

三杯目は濃く
お茶らしい苦味と渋みが出ます

目安の湯温は80℃以上
湯飲みに触れると指先に「ビーン!」と電気が走るような痛みを感じ
思わず手を引っ込めてしまうほどの熱さです

上手に三杯出し切ったお茶は,鼻筋に清々しい香りが通ります
湯気の中にはっきりと香りが立ち
熱さも味の一つになります

ここまでくると
茶葉が完全に開いてしまいますからおしまいです

玉露や高価な茶葉は二杯目で茶葉が開ききってしまいますので
三杯目は入れないほうが良いでしょう

茶葉は美しい風味を出しきるハイライトで飲んであげて下さい

三杯目1 三杯目2

出がらし

三杯入れたら“出がらし”になります

もったいないなんて言わないで

お茶は嗜好品です
少々贅沢なくらいがちょうど良い

そんな非日常的なひとときを過ごしてください
その方が茶葉も喜ぶはずです

お気に入りの茶葉は
乾燥させて茶香にしても良いでしょう
フライパンで熱するだけで,お部屋の中にお茶の芳香が広がります


道具の工夫

お茶にとって水は命です

ミネラルウォータを使う場合は軟水を使いましょう
イオン水の場合は弱アルカリ性ですね

もし水道水しか用意できなくてもあきらめないでください
お水にひと工夫します

この備長炭は実際に使ってみて良かったと思う良品です。ぜひお試し下さい
水がとても柔らかくなり,色と香りの出方が違います
 
器の中に水をためて,備長炭を入れておくだけですから簡単です
電気ポットの中に入れてそのまま沸かして使っても構いません
飲料水や料理用として使っても優れた水になります

※ちょっと追記します。色々やっているのですが,ブラックシリカは効果が分かりにくいですね。
市販のアルカリ水や備長炭の方がはっきり違いがわかります

家電によくあるアルカリイオン整水器もおすすめですね
例:パナソニックの安価なアルカリ浄水器


お近くの家電量販店を一度のぞいてみて下さい。あるいは通販サイトのほうが安いかもしれません


茶葉の保存

茶葉の鮮度保持に気をつけて下さい

なるべく家庭で買い置きしないようにします
もし保存する場合は冷暗所にします
冷蔵庫の野菜室も良いでしょう

ただし冷蔵庫保存の茶葉を使用する場合は
冷蔵庫から出してから半日以上放置し,完全に常温に戻してから使用します
そうしないと,茶葉が眠ったままで本来の風味が出ません
まるで生き物のようですね。不思議です


茶器

決まりはありませんから
お好みの形や大きさ,デザインで良いと思います

ただ必須なアイテムとして湯冷まし用の器が必要になります
沸騰させたお湯を適温まで下げるために使いますが
特にお茶用のものに限ることはないと思います
私はコーヒーのミルク入れや中国茶の茶海(ピッチャー)で代用しています
湯のみをいくつか用意してもよいでしょう

茶器

湯冷ましは先が尖っているものの方が,
急須にお湯を入れる際に量とポイントの微調整が効きやすくて便利なようです


急須選び。デザインと大きさ

このサイトは一人分のお茶を入れることを想定していますから,急須は極力小さいものを推奨します
急須選びでもっとも大事なことは,自分の手に馴染んでいるということです

しぼり出す時に急須をアグレッシブに振りますから,手にあった小さめのものを選ぶと良いでしょう
また握る柄の形や太さも様々ですから,購入する際は必ず手に持って試すことが大切です
底や蓋の形も手にしっくりくるかどうかに影響しますので,見た目だけで選んではいけません

湯冷ましは大きくて口の広い方が冷ます力が強くなります
本体に熱が伝わる上に,空気により広く触れて放熱してくれるからです

急須と湯のみのバランス



また休まずに連続して三杯頂くのが基本ですから
湯のみも急須も小さめにした方が,早く回転させることができます

つまり茶葉が開く前に三杯の風味を楽しむということです


湯冷まし

もう一度おさらいしますが
湯冷ましの器に入れたお湯の温度を計る目安です

手を触れることができないくらい,チン!とした痛い熱さは80℃以上です
ジーンと熱が指に伝わり,引っ込めてしまうくらいが80℃です
なんとか短い間だけ触れられるくらいが70℃です
触れるけど長くは触りたくないくらいが60℃です

皮膚の厚みや指の感覚で個人差が出てくるので,あくまでも目安として捉えて下さい

湯冷まし


お茶うけ

さてこんなお茶うけに適した通販サイトがあります


送料無料もあってうれしいですよね


喫茶とは

お茶本来の風味を楽しむのです。
お茶を喫するとはどういうことでしょうか。

菓子とお茶。さてどちらが主役でしょう。
菓子のアクセントがお茶をおいしく盛り立てているとも考えられます。
お茶のお陰で甘味菓子が引き立つということもあるでしょう。

本サイトはあくまでもお茶が主役と考えています。
いかにしてお茶をおいしく,効果的に楽しめるかというところに主眼をおいています。

喫茶

現代人とお茶

ペットボトルや紙パックのお茶飲料が主流です。
お出かけにも便利ですし,のみ残したものを持ち運ぶこともできます。
温めても冷やしてもおいしく頂けるようになっていてます。

しかしあれはあくまでもお茶ではなく,お茶風飲料です。

お茶は入れる側と頂く側が結ばれてなくてはいけません。
お茶は飲むことが目的ではないからです。
もてなすことの重要l性を忘れてはいけません。

おっと難しい話になってしまいましたね。
それはさておき,お茶にしましょ!


 2ページ